topproductbloglink

facebooktwitterinstagrammail
Design 8m3 since 2007 yama3 all right reserved
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


<< やっぱり逃げた | main | 瀬戸内-豊な小 >>
デッドヒート
EGO-WRAPPIN デッドヒートツアー
EGO-WRAPPIN' デッドヒートツアー @ なんばHatch

20日は休みを取って万全な体調でなんばHatchへ。
のつもりが、昼飯に肥後橋は喫茶カレンという喫茶店で「チキンカツカレースパゲッティー」というどれがメインやねんというB級メニューを食べたために、むねやけがすごく、液キャベを飲んで迎えるという状況に。
しまった。うまかったけど、量が非常に多かった。非常にね。
とりあえず液キャベで落ち着いた胃にビールを投入し追い込む。

今回のライブは前回のクラムボンライブでの経験を生かし好位置をキープする作戦を練りました。
それは、ドリンクチケットをライブ後に交換するとたいう作戦。

ライブ前にビールは飲んでるし、しかも、空き缶はライブには邪魔。
ペットボトルの水分が欲しいなら事前に買っておける。
さらに、前の人たちがドリンクチケットを交換している間に前に行ける。
そして、これが一番大きな理由。ライブ終わりの乾いた喉にビールを流し込める。
うん、想像しただけでも良い。

そして、実行。
見事に前から3列目の中央という好位置をキープできました。
舞台に面と向かう半円の中心、ライブ開始と同時にギュっと圧縮されるど真ん中で感じるライブはほんまに楽しくて仕方なかった。
しかし、問題点も発見。
ちょうどセンターラインにいると、右側の客の揺れと左側の客の揺れの微妙な違いを我が体を張って吸収しなくてはいけないということ。右の流れに押され、左側に揺れて一番端に行くか行かないかのところで左から猛烈なショルダータックル。腰は左に行くけども、肩は強制的に右へ。ぐねる体の芯。
それがしばらく続く。
アップテンポな曲をグシャグシャーとぶつかり合う稽古は覚悟してますさ。
スローな曲を感じながらじわりじわりと体の軸をぐねられるのが続くのは厳しい。
あんなにスローな聞かせる曲が体力を削ってくるとは・・・。

いやーしかし、虎穴に入らずんば虎児を得ず。
軸心ぶらさずんば、盛り上がりの中心になれず。
体に支障はきたしましたが、大満足。楽しすぎた。
次は年末。負けない体作りしておこう。

あー、腰・首が痛い。
| 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









http://hiding.nas.gonna.jp/trackback/1264725