topproductbloglink

facebooktwitterinstagrammail
Design 8m3 since 2007 yama3 all right reserved
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


<< 瀬戸内-豊な小 | main | デュアル >>
ハシゴ
11月-東京チケット
11月の東京観光結果

11月は12日に休みを取って2泊3日の東京ツアー。なんだかいっぱい行った。

まずは新橋にて東京時代、週1にはお世話になっていたラーメン屋「はしご」にて排骨担々麺を。実際お世話になってたのは溜池山王店やったわけですが、やっぱりうまい。食った後は、ずっと胃の中から存在をアピールしてくるやつですが、くせになります。行ったことのない人は是非。餃子が高いけど絶品。
くはーうめーって思ってたところ、携帯がブルブル。お?と思ったら、朝にふと思い出して「中に入れてー」とメールしてみたTBSの友人から返事がきました。3時くらいなら時間できるかもって。
しかしまだ1時。2時間どうするものかー。で、外苑前までちょっくら足を伸ばしワタリウム美術館まで「藤本壮介展:山のような建築 雲のような建築 森のような建築」へ。

自由に想像力を膨らませて、人間のための新しい場所を、そして人間とはどういう生き物なのかを想像させる展示会。等身大のスタディ模型の中を歩いたり、藤本壮介の頭の中にフワフワと浮かぶアイデアの元を覗いたり。おにぎりの模型があって、ご飯粒とご飯粒の間の隙間について建築的にどうだとか可能性についてもクローズアップしたりしてます。
大事なんは、「あれおもろいなー、でもありえん(笑)」ってので終わらすんじゃなくて、ちょっとしたやつのちょっとしたおもしろいところをちゃっかり自分の引き出しに詰めといて、関係ないところでその引き出しをガシャーンとひっくり返し、グシャグシャになった面白みを積み木のごとく組み立てて新しいモノを作ることなんでしょね。
どこまで現実になるかは分からないけども、想像するのはタダ。
おもしろいものの詰まった引き出しの多い人を目指しましょー。
建築の人はもちろん、建築に関係ない人も、藤本壮介おもしろそうだなーと思える展示会だと思います。

そんなこんなで2時間経過。TBSまでお邪魔します。
ちょうど世界バレーで2日に1回しか寝れてないDを急に呼び出して中に入れてもらうという暴挙っぷり。革命テレビの代役リハ見てウキウキしたり、1分半のニュースを読む人のオンオフをまじまじ見たり、宮迫の後ろ姿見たり、小林摩耶アナのウソみたいなカワイイ声聞いたり、歩くゴリ見たり、お茶するホンジャマカ恵見たり。大人の社会見学。
どうやら業界人ともなるとEXILEもEXILEさんと"さん"付けでした。
ほんと忙しい時にごめんなさい。今度、グッパでチー出します。
あ、料亭ジャンケンじゃなくてアイスジャンケンのとき限定ですけどね。

翌日は葛西で、打ち合わせを行い、そのまま今度は千葉まで小旅行。

ホキ美術館
ホキ美術館

日本初の写実絵画専門の美術館、ホキ美術館を見に。
住宅街の中にちゃっかりいるすごい存在。
とにかくキャンチがすごいです。どうなってるの?なんでもってるの?と疑問いっぱい。
支保工をはずす瞬間びびったこと間違いなし。
それのせいか、若干エントランスまでのアプローチ部分の施工は荒かったです(笑)
内部は天井、壁、手摺、さらにはテーブルと凹凸なく滑らかにつながるディティールで形成され、スーッと伸びていく空間の壁に絵画が並べられているといった感じ。絵画がサラーっと入ってきた。

で、建築のついでにーと思ってた写実絵画ですが、なんだか良かった。てか、まじでうまかった。
うまー!!と絵を見て、まじで?と小さい声でまじまじと見て、いろんな角度から写真じゃなく絵ないことを確認して振り返ったらうまー!!って次の絵に行くの繰り返し。
絵がうまいって程度の世界を越えてて、ほんまに楽しめた。
なんか一瞬を切り取る写真もあれば、一瞬を何時間も使って作る世界も良いんだなぁと。
東京からちょいと遠いですけど、ここもオススメです。
豊島美術館といい、今年は滑らかな建築が高確立でヒット中。

そして3日目はとりあえず初台に行き、東京オペラアートシティNTT ICCへ。
ドミニク・ペロー「都市というランドスケープ」みえないちから、そして毎度のOPEN SPACE 2010のはしご。東京オペラアートシティ前行ったセシル・バルモンド「エレメント」といい建築大御所の展示がタイミングよくやってくれててありがたい。ご愛用。

で、今回触れたいのはOPEN SPACE 2010
2010で追加された《10番目の感傷(点・線・面)》ってのがとてもおもしろかった。
簡単な装置を簡単なモノを使って、そこにちょっとした工夫を加えるだけで、あんなにおもしろい空間ができるのかと。タダやし、あれはちょっくら時間作ってもらって見てもらってもスベリ知らずなはず。
あ、みえないちからのフォルマント兄弟のお化け屋敷は時間が無い人にはあまりオススメしません。

そして締めは話題のあれです。

東京スカイツリー
工事中の東京スカイツリー

工事中の東京スカイツリー。あえて、工事中に行っておかなきゃと必死で行った。
ここがなんだかんだ行って現場好きの血なんですかね。どうやってタワークレーンの控えを取ってるのかとかまじまじ見てやりましたともさ。日曜に行ってしまい、現場が休みやったのが悔やまれるところ。次は平日に休み取って工事してるところをみてやろう。ストックヤードから上までの揚重時間とかストップウォッチで計ってやろう。
でも、やっぱり完成も楽しみ。
次は、いや、次の次の次くらいはフェンス越しのスカイツリーじゃなく、中に入って味わっても良いなぁと。
江戸紫のライトアップも実は非常に楽しみだ。

あー、やっぱり東京は刺激が強くて良い。
東京でやったイベントはスライドして大阪でもやるとかできないんすかね。せーつーじーつー。
負けるな大阪!
| 日記 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









http://hiding.nas.gonna.jp/trackback/1264727