topproductbloglink

facebooktwitterinstagrammail
Design 8m3 since 2007 yama3 all right reserved
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


<< デュアル | main | ポスター >>
ルナ・レガーロ
ルナ・レガーロ -月からの贈り物-

つぶやいたらあちこちから「なにそれ?」と言われたルナ・レガーロに行ってました。
簡単に言えば、サーカスと料理のコラボという贅沢な企画です。

東京のシルクドゥソレイユ劇場まで友達とZEDを見に行くはずだった姉。ところが、友達にドタキャンされてしまったために、たまにはと親にチケットを譲ろうとなりましたが、「俺はいいからお母さんと二人で行けば良い」という親父の言葉が出て、姉と母が二人で行きはりました。
かっこいいぞ親父。

しかし、かっこよかったのはそこまで。その後、なぜか親父がすねました(笑&泣)
そして、親父をなだめるがごとくルナ・レガーロを姉が企画してくれたわけで。
はい、俺は棚ぼたですね。

ルナ・レガーロ会場
ルナ・レガーロ会場

会場は対角線を結ぶように通路があり、中央がステージになっている異空間のような仮設の箱。
中央を囲むように並べられた席に座り、運ばれる料理に舌鼓を打ちながら演技を見るわけです。
席はステージ中央から5mほど離れた場所と、なかなかの好位置だったため、迫力がすごかった。あんな近距離でウソみたいな肉体芸が見れるとは。あんなに人が宙を舞うとわ。
人間はどこまでできるんですか?やっぱり限界はないと思って良いですか?

うまい食事を食いながら5mという近距離でな芸が見れる。
あたかも結婚式の出し物の最上級のよう。
でもまぁ、一番驚かされたのは最高級の演技よりも、一流のシェフの料理よりも、関西テレビ主催のため進行をする仮装した若手アナウンサー(男)に対し、
「なんや、クリステルが良かったな」
と呟いた親父の言葉でした。
| 日記 | 01:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
わおゴージャス!
やまさんにも限界はないと信じてがんばろ〜w
| たまぁ | 2010/12/03 1:08 PM |
>たまあさん
ゴージャス過ぎましたよ。
限界なんてないないなーい。
壁、一気にジャンプしてゴールに掴めるようにさえも!!
| やま3 | 2010/12/04 11:58 AM |









http://hiding.nas.gonna.jp/trackback/1264729